バーで喫煙するときに気を付けたいこと

バーで喫煙するときに気を付けたいこと

普段は煙草を吸わないけれど、
お酒を吸うとついたばこを口にくわえたくなるという方はいませんか?
近年では煙草の健康被害、
とりわけ受動喫煙の危険性が注目を集めており、
喫煙者にとっては肩身の狭い世の中といえるかもしれません。
その風潮は飲食業界にも顕著に表れています。
レストランや居酒屋の中には、分煙だけではなく全面禁煙を導入しているお店も少なくありません。
そんな世の中で、バーは喫煙者にとってオアシスともいえます。
喫煙者にとって厳しい世の中であっても、バーでは煙草が吸えることがほとんどです。
しかし、そんなバーであってもマナーを守らないと周囲の方に迷惑な客だと思われてしまいます。
気持ちよくバーで過ごすためにも、バーで喫煙する際の注意点について確認しておきましょう。
最初にすべきことは、バーテンダーに喫煙しても良いか聞くことです。
始めて訪れたバーの場合には必ず聞くようにしてください。
最初にきちんと聞いておけば、来店したときに灰皿を用意してもらえることでしょう。
隣の席に他のお客がいる場合は、その方々にも喫煙してよいか聞きましょう。
バーに来店しているすべての方が煙草を吸うわけではないので、忘れずに確認してください。

妊娠している女性の横で煙草を吸うと退治に悪影響を及ぼす可能性があるので、特に注意しましょう。
吸っているときには、煙が両隣の方やバーテンダーにかからないようにするのは当然です。
パイプのように香りのキツイ煙草を吸っている方は、比較的匂いがキツイ煙草であることを自覚してください。
周囲の人も煙草を吸っているのであれば大丈夫ですが、
周りが全く吸っていないときにこうした煙草を吸うときは、
両隣だけではなく周囲にいるお客全員に吸っても良いかと聞く方がスマートです。

 

個室が魅力の阿具楽では喫煙が可能なのかどうか、事前に調べておきましょう。