デートでバーを利用する前の準備とは

デートでバーを利用する前の準備とは

行きつけのバーで常連客になったら、1度はパートナーを連れていきたくなるものですよね。
行きつけということは自分のパーソナルな部分ですし、
そこを相手に紹介するということは心を開いている証といえるからです。
常連客となったバーをデートで利用するときには、どのようなことに気を付ければ良いのか考えていきましょう。
最初にやっておきたいのが、バーテンダーにいつ頃訪れるのかを伝えておくことです。
パートナーがどんなお酒をよく飲むのかといった情報も伝えておくと、
それにあったお酒を順にしてくれる可能性が高くなります。
訪れる時刻に合わせて、
周囲のお客に対して気を遣ってもらえるように注意を促してくれるバーテンダーもいます。
いきなり訪れてしまうと、バーテンダーがこうした準備をする余裕が無くなってしまうのです。
また、バーテンダーと親しすぎるあまり、パートナーを置いてきぼりにしてはいけません。
常連客やバーテンダーとの身内ネタだけで盛り上がってしまうと、パートナーに疎外感を与えてしまうのです。
事前にバーテンダーに連絡しておくことで、
隅の席やテーブルを取っておいてもらうと、行きつけのバーでも2人きりの時間を堪能出来ます。
バーで2人の時間をある程度過ごしたのであれば、
バーテンダーを混ぜて会話をすることでパートナーにも仲間意識が芽生えます。

優れたバーテンダーであれば、始めてきたお店であるにもかかわらず、
パートナーを何年も通った常連のように感じさせてくれることでしょう。
バーテンダーと会話しながら、おすすめのお酒をチョイスしてあげると、好感度が上昇します。
無理に勧めるのではなく、
「こんなお酒があるけど飲んでみない?」という感じでさりげなく聞いてみるのがコツです。
行きつけのバーを上手に活用して、思い出に残るようなデートにしましょう。

 

藤沢 イタリアンで楽しくデートをしましょう