ジャズバーを利用するときのマナー

ジャズバーを利用するときのマナー

音楽とお酒は、人々の心を何世紀にも亘って癒し続けてきました。

 

両者を同時に楽しめる場所として、
最近話題になっているのがジャズバーです。

 

ジャズバーとはその名の通り、
ジャズを聴きながらお酒を飲めるお店のことを指します。

 

ジャズバーに興味があるけれど、
お店に入る勇気を持てないという人にために、
ジャズバーでのマナーについてご紹介します。

 

ジャズバーを利用する際、大声でしゃべるのはご法度です。

 

ライブ中はもちろんのこと、そうでないときも
BGMとして流れている音楽が聞こえないほど大きな声で話してしまうと、
周囲のお客の迷惑になってしまいます。

 

音楽に集中出来ないほどお酒の飲み過ぎてしまうことも、
ジャズバーにおいてはマナー違反といえます。
お酒好きの方も、この点にはご注意ください。

 

自分がお酒と音楽のどちらをメインに楽しみたいかによって、
席の位置を選択しましょう。

 

ライブを開催するジャズバーの場合、
最前列に座るのは音楽を聞きたい人たちです。

 

今日はお酒を飲みたいという方は、
なるべく後ろの位置に座るようにしてください。

 

ジャズバーでは、見知らぬお客やバーテンダーとの会話を楽しむのも一興です。
あまりジャズに詳しくないという人は、
バーテンダーや店員にその旨を伝えておくと、
曲について解説してくれることもあります。

 

ライブで聞いた曲を改めてCDなどで聞き直してみると、
アレンジの違いなどが判って楽しいですよ。

 

ジャズバーには、ライブの参加者を募集しているお店も多く存在します。
楽器が得意な人や、昔バンドを組んでいたという人は
バーテンダーに申し出て参加させもてらうのも良いでしょう。

 

音楽とお酒を心行くまで楽しみたいという人は、
ぜひジャズバーでのひとときを体験してみましょう。
おしゃれなジャズバーの次は、銀座の老舗和食店を利用するのも楽しいですよ。