支払い方法のマナー その2

支払い方法のマナー その2

このサイトでは「支払い方法のマナー その2」として、
伝統的なバーでの「会計のタイミングと支払い方法」に関するマナーについて情報を提供します。
まず「会計のタイミング」です。
ネット上には「最後に注文した飲み物があと2口くらいになったとき」がベストなタイミングとの情報もありますが、
ここで切り上げようと思った時がタイミングと考えれば良いでしょう。
しかし会計してほしい旨をバーテンダーに伝えるタイミングについてはマナーがあります。
バーテンダーが忙しくしているときには少し待ってあげるのが、マナーであり大人の余裕や優しさです。
実際に起こるシーンとしては、「バーテンダーと目が合ったとき」や「お代わりはいかがですか、
と話しかけてくれたとき」などがタイミングです。
そのタイミングで、「ごちそうさまでした」「チェックお願いします」「会計お願いします」などと
バーテンダーに伝えれば良いのです。
なお「お愛想してください」「お愛想をお願いします」といったように「おあいそ」という表現を使う人もいますが、
「おあいそ」は店側が「おもてなし」の意味で使う言葉ですから不適切です。
次に「支払い方法」です。
支払う際にとくにマナーはありません。
支払う場所はカウンターの座っている席で支払うのが一般的ですが、

レジカウンターで支払う店もあります。
支払いをカードでするか現金でするかは支払う本人が決めれば良いことですが、
初めてのバーや少額の場合は現金で支払うのがスマートと言えるかもしれません。
しかし繁華街に飲みに出かけるときに現金を持ち歩く危険性を心配してカードしか持たない人も多い近頃ですから、
現金支払いにこだわる必要はありません。
マナーを覚えて接待を完璧に!桜木町 居酒屋は雰囲気の良いお店が多いです