バーでのスマートな振る舞いとは

バーでのスマートな振る舞いとは

社会人の皆さんであれば、当然バーを何度か利用したことがあることでしょう。
バーは他の飲食店に比べて、お酒に没頭しやすい空間であるといえます。
BGMや照明もロマンチックですし、必要以上に料理やおつまみを提供することもありません。
お酒を一番美味しく飲むための空間が作られているのです。
そんなバーでのマナーを、皆さんは学んだことはありますか?
先輩や上司から聞いた覚えはあるかもしれえないけれど、実際は良く知らないという人も多いと思います。
今回は、バーのマナーとして勘違いしがちなものをご紹介します。
バーで注文したお酒を、皆さんはどれくらい時間をかけて飲んでいるでしょうか?
ゆったりお酒を味わうバーとはいっても、一杯に一時間もかけられていては商売になりません。
冷やして作られたカクテルの場合、
冷えている状態が一番美味しいわけですから、
もたもた飲んでいては最も美味しい状態を逃してしまうことになるのです。
ロングカクテルやホットカクテルは比較的長時間楽しめるドリンクですが、
それでも一時間は長すぎるといえます。
ショートスタイルのカクテルの場合は10分以内、
それ以外のドリンク類は長くても30分以内に飲むようにしましょう。

美味しいお酒を最も美味しく飲んであげることが、
お酒を作ってくれたバーテンダーに対する礼儀なのです。
バーテンダーにお酒を注文するとき、カ
クテルの名称を覚えておかなくては恥ずかしいと勘違いしている人はいませんか?
バーテンダーはカクテルづくりのプロですから、
どのような味のお酒が飲みたいかを伝えれば、
それに合わせたお酒を作ってくれるのでご安心ください。
無理にカクテルの名前を覚えるのではなく、
バーテンダーに好みを伝えてカクテルを作ってもらうのもバーの楽しみなのです。

 

バーではないけど雰囲気の良い居酒屋はこちらです。http://kobe-rinka.com/